慈温堂遠田医院ヘッダ
スペース スペース
診療のご案内
スペース
医師紹介
スペース
Topic
スペース
アクセス
スペース
症例集
スペース
FAQ
スペース
BBS
スペース
e-mail漢方相談
スペース
近代漢方の理論
スペース
勉強会
スペース
生薬の効能
スペース
患者さまの声
スペース
書籍販売
スペース
診療費改定のお知らせ
スペース
自由診療とは
スペース
スペース スペース スペース
梅雨が明けました。本格的に夏入りです。
すでに暑い日々を過ごしているので対策はされていると思いますが、エアコンを適切に使い、水分補給をしっかりとしてください。
特に高齢になると暑さや咽の渇きを感じにくくなりますので、自分の感覚に頼るのでは無く、目安を決めて行動してください。あるいは周りの人が注意してください。
人にもよりますが、適切な温度は28°くらいといわれています。
もちろん、昼間動くときはもう少し下げないと過ごしにくい場合もあります。
寝る時はちょうど良いくらいに設定すると夜中に寒くなり過ぎることもありますので、気をつけてください。
成人では1日失われる水分が約2L(排尿が約1500ml、その他不感蒸泄が700ml前後)と言われていますので、その分はきちんと補充してください。
漢方薬ではこの時期はやはり五苓散です。
熱中症の予防、眩暈・立ち眩み、不明な頭痛などの症状を緩和します。

[ 診察日カレンダー ] はこちらから 今月の生薬

更新のおしらせ
スペース
11/Jun.2022 [患者さまの声]
患者さまより貴重な体験談をいただきました。
04/Jul.2022 [生薬の効能]桂枝/桂皮
ご紹介したい生薬の画像をトップページに。
今回は桂枝(桂皮)、その効能がよくわかります!
02/Jul.2022 [患者さまの声]
患者さまより貴重な体験談をいただきました。
27/Jun.2022 [患者さまの声]
患者さまより貴重な体験談をいただきました。
01/Jun.2022 [生薬の効能]甘草

スペース
30/Mar.2019[Topics]
◎ゆく河の流れは絶えずして

スペース
*桂枝/桂皮(けいし/けいひ)
基本作用として皮膚への血流の増大作用。
局所作用として、頭痛、腹痛、身体痛など各種の「疼痛」改善作用。
漢方薬の例・・・桂枝湯、葛根湯、桂枝加芍薬湯、小青竜湯、桂枝加朮附湯その他多数。
詳細な説明は [ こちら ]
スペース
スペース スペースマックユーザーカウンターカウンターカウンター 慈温堂へのメールフォームスペースこのページのトップへ スペース
フッター