慈温堂遠田医院ヘッダ

診療のご案内

医師紹介

Topic

アクセス

症例集

FAQ

BBS

e-mail漢方相談

近代漢方の理論

勉強会

書籍販売

診療費改定のお知らせ

自由診療とは

じめじめする季節になりました。いかがお過ごしでしょうか?
この季節、雨の日は気温も下がるので体調も崩しやすいと思います。
特に気管支喘息のある方は、気候に非常に敏感に反応しやすいので、お気をつけください。
気管支喘息に使う漢方薬に麻黄甘草杏仁石膏湯(マオウカンゾウキョウニンセッコウトウ)、
略して麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)と柴朴湯(サイボクトウ)というものがあります。
このうち麻杏甘石湯は甘くて子どもでも飲みやすく小児喘息に使いやすい薬です。
発作の前兆があるときや発作が生じた時に、
まず最初に服用する習慣をつけると体質改善に有効な働きをします。
もちろんひどい症状になってしまったときは、小児科で処方される喘息用の薬の服用や吸入も大切ですが、
先に漢方薬を使う習慣も大事です。試してみてください。

[ 診察日カレンダー ] はこちらから

更新のおしらせ

31/May.2018[Topics]
◎変化と縁


08/Jan.2017[近代漢方の書籍販売]
◎書籍残数を訂正いたしまいた。


06/Jan.2017[Topics]
◎現実とは何でしょう?


03/Jun.2016[Topics]
◎生活スタイルの見直しを!


26/Feb.2016[Topics]
◎新年度の話題種々

マックユーザーカウンター 慈温堂へのメールフォームこのページのトップへ